コロナ禍での毎日のマスク着用による蒸れと乾燥

コロナ禍になり、毎日マスクをするようになったことで、マスクの中がとても蒸れてしまいます。

潤ている状態なので、乾燥にいいかと思っていましたが、実際は、マスクの中で蒸れて乾燥して蒸れて乾燥してを繰り返していることで、結果顔を新た後に化粧水を縫っていない状態と同じになるので、カサカサになってしまいました。

特に最近は熱くなってきて、マスクの中は汗だく状態で、それを放置してしまい、ベースメイクや日焼け止めも落ちてしまいますし、汗をかいたら拭くので、乾燥してしまっています。

それによって、朝のメイクのりも悪く、ファンデーションがなじまずに浮いてしまっています。

ベースメイクがのらないので、チークなども浮いてしまいます。

悩み解消のための対策は

最近は、化粧水を百円ショップで購入した、ミストのボトルに入れて持ち歩くようにしています。

汗をかいたら、タオルで拭くまでは同じですが、そのあとにひと吹きさっと顔にミストをかけます。

かけた後は手で全体にさっとなじませて、乾燥するのを抑えるようにしています。

化粧水も高いものではなく、普段から使用している、無印の大容量の化粧水を百円ショップのミストのボトルに入れ替えているので、コストもあまりかかりません。

最近は熱くて日焼けしてしまうこともあるので、そういった場合に、さっと化粧水を顔にかけることで冷却効果もあり、熱中症対策にもいいと思っています。

化粧水をかけた後は、トイレなどでさっとファンデーションを上塗りしていますが、浮いてしまいことも減りました。

同じ悩みを持っているあなたへ

コロナもすこしずつ落ち着いてきていて、今は連日猛暑が続き、マスクをしない機会が少しずつ増えてきていると思います。

3年間ほぼ毎日マスクをつけて過ごしてきたので、それによる肌あれや、化粧のりの悪さなどもありましたが、マスクによって顔の半分が隠れている安心感もありました。

それがなくなるということは、隠すことができなくなるということです。

ですが同時に、肌荒れも少しずつ改善していくんじゃないかなと思っています。

3年前のコロナがはやる前のように、マスクをつけないことが当たり前になる日がきっと来ると思うので、その時に備えて、いつでもマスクなしで顔を隠さなくても堂々と外に出られるように、日々、肌のお手入れは怠らずにいたいと思います。

おすすめの記事